taro 川崎市岡本太郎美術館と
岡本太郎美術館
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
開館時間・料金
交通案内
施設案内
幾多緑地
  開館時間・料金  
 
開館時間 : 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 : 月曜日(月曜が祝日の場合は除く)
    祝日の翌日(祝日の翌日が土日にあたる場合を除く)
    年末年始、他に臨時休館日あり
   
観覧料 : 2017年4月13日(木)〜4月21日(金)までは常設展のみ開催
常設展 「岡本太郎―赤の衝動―」展 一般500(400)円、高校・大学生・65歳以上300(240)円です。中学生以下無料。 ※( )内は20名以上の団体料金

2017年4月22日(土)〜7月2日(日)までは企画展・常設展は共通料金。
企画展「岡本太郎×建築─衝突と協同のダイナミズム―」展

一般1000(800)円、高校・大学生・65歳以上800(640)円です。中学生以下無料。
※( )内は20名以上の団体料金
    企画展が開催されていない時(常設展のみ開催時)は、一般500(400)円、高校・大学生・65歳以上300(240)円です。中学生以下無料。
※( )内は20名以上の団体料金
    ※企画展が開催されていない時(常設展のみ開催時)に限り、川崎市が発行する「すこやか福寿手帳」または「健康福寿手帳」をお持ちの65歳以上の方は無料になります。
    ※身体障害者手帳・戦傷病者手帳・被爆者健康手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は入館無料です。
※手帳をご提示ください。
    ※生田緑地内は原則車両通行禁止ですが、足の不自由な方の送迎のための車両乗り入れは可能です。事前にお電話にて美術館(044-900-9898)までご連絡ください。但し、送迎後は生田緑地の駐車場にお駐めください。なお、大型バスは乗り入れできません。
   
割引制度 : 以下のいずれかを受付で提示された方は、入園料が2割引きとなります。ただし、他の割引との併用はできません。
    ・かわさき宙と緑の科学館プラネタリュームの観覧券の半券(当日限り・本人のみ)
・日本民家園の入場券の半券(当日限り・本人のみ)
・藤子・F・不二雄ミュージアムの半券・入館引換券(利用から2ケ月間・本人のみ)
・OPクレジットカード(ポイント専用カードは除く・本人及び同伴者1名様まで)
・TOKYU CARD・TOP&カード(本人及び同伴者1名様まで)
・WAONカード(本人及び同伴者1名様まで)
・かわさきハッピーライフ(川崎市勤労福祉共済会員書証・本人及び同伴者1名様まで)
・多摩区子育て支援パスポート(家族全員)
 
  年間定期券(年間パスポート)  
ライン
スペース
 
リピーターの方へのサービスとPRの一環として、年間定期券制度を導入いたしました。以下の内容となります。是非ご利用ください。
料金 : @一般 1,500円  A高大生 1,100円  B65歳以上 1,100円
有効期限 : 1年間
利用 : 何回でもご観覧いただけます。
 
ライン
  共通利用券  
 
・1,000円(100円券×12枚綴)/2,000円(100円券×25枚綴)
・この利用券は川崎市立の博物館(市民ミュージアム、岡本太郎美術館、日本民家園、かわさき宙と緑の科学館)の観覧に使用できます。
・共通利用券の払い戻しはできません。各種割引については窓口にてお問合せください。 ・他の割引制度との併用はできません。
 
  ポイントカード制度  
 
年間定期券の導入に伴い、2007年3月31日をもって廃止いたしました。長い間、ご利用ありがとうございました。なお、これまで配布したポイントカードは、引き続き有効ですのでご利用ください。
 
スペース
ライン
  地域通貨「たま」のご利用について  
ライン
スペース
 
地域通貨「たま」はおカネ(円)ではありませんが、通貨が持つ働きや仕組みを利用して、多摩区内のボランティア活動など、人、地域、地球に良いことをする活動を活発にしていく道具です。(「たま」運営委員会ホームページより)
当館では、地域通貨「たま」 100たま を観覧料の2割相当としてご利用いただけます。
※他の割引との併用はできません。
「たま」についての詳細はこちら→「たま」運営委員会(事務局はNPO法人ぐらす・かわさき)
美術館での利用についてご不明な点は、お電話でお問い合わせください。(044-900-9898)
 
スペース
ライン
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI