taro 川崎市岡本太郎美術館と
岡本太郎美術館
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
開館時間・料金
交通案内
開館時間・料金
幾多緑地
  施設案内  
  川崎市岡本太郎美術館は「自然と融合した美術館」のコンセプトに基づき、展示室を始めとするほとんどの施設が地下にあり、地上は「母の塔」を中心とする公園スペース、カフェテリアや湧水を利用した池や滝など、美術館機能だけでなく生田緑地の自然を十分に取り入れ、市民の憩の場となる設計が施されています。また常設展示室は従来の美術館展示の概念を突き破り、岡本太郎の作品を肌で感じることのできる「体験型展示空間」をコンセプトに、絵画、彫刻、家具など、岡本太郎の多岐に渡る作品や思想とその背景をわかりやすく、感動的に伝えるための工夫をしています。  
 
スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース スペース
施設案内 スペース
施設案内 母の塔 施設案内 スペース
施設案内 スペース
施設案内 常設展示室 施設案内 施設案内 企画展示室 施設案内 スペース
施設案内 アトリエ 施設案内 スペース
施設案内 ミュージアムショップ 施設案内 スペース
施設案内 スペース
施設案内 スペース
施設案内 スペース
施設案内 施設案内 スペース
施設案内 スペース
施設案内 エントランス 施設案内 スペース
施設案内 施設案内 施設案内 スペース
施設案内 ガイダンスホール 施設案内 スペース
施設案内 スペース
施設案内 スペース
 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI