taro 川崎市岡本太郎美術館
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
 予告 企画展 「岡本太郎と日本の伝統」  

 

1951年11月、岡本太郎は東京国立博物館において縄文土器と出会い、その4次元的な造形力に衝撃を覚え翌年、美術雑誌『みづゑ』に「四次元との対話−縄文土器論」を発表します。これに端を発し、岡本はいわゆる「わび」「さび」とは異なる、他の東アジア地域からの文化的影響を受容する以前の、本来の日本の文化、日本人の美意識とは何かについて考察を深め、1956年、著書『日本の伝統』として結実させています。
同書のために岡本は本来の日本と考えた文化事象を、自らシャッターを切ってカメラに収めています。縄文土器・土偶、京都の古刹の中世の庭など。その写真は、岡本が撮影した写真のなかでも、記録性を超えた写真芸術の高みにまで到達しています。
本展は、『日本の伝統』をもとに、岡本による写真作品を中心として、「日本の伝統」とは何かを再考する機会となることを願って開催します。



岡本太郎撮影 ≪土偶≫
東大人類学教室
1956年3月23日

―開催概要―

会  期:2019年4月27日(土)−6月30日(日)
会  場:川崎市岡本太郎美術館
時  間:9:30−17:00(入館16:30まで)
休 館 日:月曜日(4月29日、5月6日を除く)、5月7日(火)、8日(水)
観 覧 料:一般:900円(720円)、高校・大学生・65歳以上:700円(560円)
      中学生以下は無料、( )内は20名以上の団体料金
主  催:川崎市岡本太郎美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協  賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網

―関連イベント―

−「岡本太郎と日本の伝統」展開催記念公開シンポジウム−
●【日本美術にとって伝統とは何か】
日時:2019年6月2日(日)10:00〜16:30
会場:かわさき宙と緑の科学館 2F
定員:100名
料金:無料
申込み:電話受付(5月9日(木)10:00から受付開始)、先着順
主催:川崎市岡本太郎美術館、学習院大学
後援:ジャポニスム学会、美学会、美術史学会

パネラー:
花井久穂(東京国立近代美術館工芸館)
島尾新(学習院大学教授)
玉蟲敏子(武蔵野美術大学教授)
稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授)
三浦篤(東京大学教授)
佐々木秀憲(川崎市岡本太郎美術館)


●ワークショップ「ミニチュア模型の桜を作ろう」
講師:鈴木伸吾(東京藝術大学講師)
日時:2019年6月23日(日)11:00〜13:00 14:00〜16:00 (時間が変更になりました。 )
会場:創作アトリエ
定員:15名
対象:どなたでも※小学3年生以下は保護者同伴
料金:観覧料のみ
申込み:電話受付(5月23日(木)10:00から受付開始)、先着順


●キッズ写真展
写真募集!−テーマ“なんだ?これは!”
太郎さんは豊かな視点を持った写真を数多く残しました。子供の視線は何をとらえているのか、大人と異なる視点を楽しむ「キッズ写真展」を開催します。テーマは「なんだ?これは!」是非、ご応募ください。
応募期間:4月27日(土)〜5月26日(日)
応募資格:12歳以下、および保護者の方
応募点数:一人1点
展示期間:6月8日(土)〜6月30日(日)
展示場所:美術館ギャラリースペース
応募方法:応募フォームより申込み → https://ws.formzu.net/fgen/S32385836/

※展示期間中、ご来館いただいた応募者の方には参加賞をプレゼント!

お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp
 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI