taro 川崎市岡本太郎美術館
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会

 企画展「イサム・ノグチと岡本太郎―越境者たちの日本―」

 
 

2018年10月6日(土)−2019年1月14日(月祝)
イサム・ノグチと岡本太郎は、1950年、日本アヴァンギャルド美術家クラブの主催により東中野のレストラン「モナミ」で開催されたイサム・ノグチの歓迎会において、初めて出会いました。日米の間で自己のアイデンティティに関する葛藤と向き合い引き裂かれながらも、彫刻家として世界的に活躍したイサム・ノグチと、青年期の10年間をパリで活躍しながらも大戦の為に日本に戻り引き裂かれ、日本の芸術界を異邦人としての眼で見ることができた岡本太郎は、それぞれに欧米で芸術家として活躍し始め、越境者として日本文化を見つめ、新たな表現活動を展開しました。
同世代の二人の個性的な芸術家が日本の美術に触発されて制作した作品は、共に戦後の芸術界に大きな影響を及ぼしました。

本展は、イサム・ノグチと岡本太郎という個性の異なる二人の越境者の作品を通して、「日本」あるいは「日本美」とは何かについて再確認するための機会として開催します。

会期中出品作品一部変更のお知らせ
本展出品の作品の一部は、横浜美術館にて開催される
「イサム・ノグチと長谷川三郎」展へ出品のため、当館での展示期間は12月24日までとなりますので、ご了承ください。


作品一覧を見る(PDF381kb)
 
 
―開催概要―

会期:2018年10月6日(土)−2019年1月14日(月祝)
休館日:月曜日(10月8日、12月24日、1月14日を除く)、10月10日、12月25日、 12月29〜1月3日
時間:9:30−17:00(入館16:30まで)
会場:川崎市岡本太郎美術館
主催:川崎市岡本太郎美術館、美術館連絡協議会、読売新聞社
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
協力:堀内カラー
観覧料:一般:1,000円(800円)、高校・大学生・65歳以上:800円(640円)
中学生以下は無料、( )内は20名以上の団体料金
 


―関連イベント―

■記念講演会「萬來舎とノグチ・ルーム」 このイベントは終了いたしました。
1951年、慶應義塾大学に完成したノグチ・ルームが、新学舎建設の為に、2003年に移転・解体された経緯について講演を行います。

日時: 11月4日(日) 14:00〜
講師: 渡部葉子(慶應義塾大学アート・センター 教授)
会場: 川崎市岡本太郎美術館 ガイダンスホール(定員70名)
料金: 無料


■記念講演会「イサム・ノグチとパリ・ユネスコ庭園」 このイベントは終了いたしました。
1958年に完成した、イサム・ノグチによるパリ・ユネスコ庭園に関する新資料についての講演を行います。

日時:
11月25日(日) 14:00〜
講師:グラジナ・スベリテェ(ヴェネツィア・ペギー・グッゲンハイム・コレクション美術館 学芸員)
会場:川崎市岡本太郎美術館 ガイダンスホール(定員70名)
料金:無料

  本展限定メニュー    

 予告 企画展 「第22回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」

 

時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。
岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、 現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立され ました。

今年で22回目をむかえる本賞では、416点の応募があり、 創造性あふれる25名(組)の作家が入選をはたしました。 21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品を ご覧ください。


 
21回岡本太郎賞 さいあくななちゃん
≪芸術はロックンロールだ≫ 
第21回岡本敏子賞 弓指寛治
≪Oの慰霊≫

会期:2019年2月15日(金)−2019年4月14日(日)

―開催概要―
会期:2019年2月15日(金)−2019年4月14日(日)
休館日:月曜日、3月22日(金)
時間:9:30−17:00(入館16:30まで)
会場:川崎市岡本太郎美術館
観覧料:一般:700円(560円)、高・大学生・65歳以上:500円(400円)
中学生以下は無料、( )内は20名以上の団体料金
主催:川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団


入選者(50音順)
Art unit HUST(遠山 伸吾、臼木 英之) 秋山 佳奈子 赤穂 進
イガわ 淑恵 井口 雄介 大槌 秀樹 岡野 茜
革命アイドル暴走ちゃん 風間 天心 梶谷 令 國久 真有
佐野 友紀 塩見 亮介 瀧川 真紀子 武内 カズノリ
田島 大介 田中 義樹 服部 正志 檜皮 一彦
藤原 史江 本堀 雄二 MA JIAHAO 宮内 裕賀
宮田 彩加 吉田 絢乃

審査員:(50音順)
椹木 野衣:美術批評家/多摩美術大学教授
平野 暁臣:空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長
北條 秀衛:川崎市岡本太郎美術館館長
山下 裕二:美術史家/明治学院大学教授
和多利 浩一:ワタリウム美術館キュレーター
お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp
 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI