taro 川崎市岡本太郎美術館
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
 企画展 
 岡本太郎美術館20周年記念展          
 これまでの企画展みんな見せます!     
 前期/岡本太郎・縄文から現代へ
 

生前の岡本太郎氏から川崎市が2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、1999年10月30日に岡本太郎美術館が開館し今年で20年を迎えます。
岡本太郎美術館では開館以来、常設展示室での収蔵作品展示のほかに、企画展として、「岡本太郎を顕彰し、その芸術性を探るもの」、「岡本太郎が交流した作家とその時代」、「芸術と社会との関り」を企画展のテーマとして展覧会を開催してきました。20年の間にこれらの企画展は約60回となります。
開館20周年の記念として、これまでに開催してきた企画展を振り返り、展覧会を象徴する代表作品や資料を抽出し展示する展覧会を前期と後期に分けて開催します。
前期展では、岡本太郎の多面的な活動の足跡と、縄文土器から民族の源流を探るフィールドワークの旅、そして岡本太郎と関わりの深い同時代の作家を紹介します。
本展を通じてこれまでの展覧会を振り返り、今後の美術館の更なる役割を見出すきっかけとしたいと考えています。

 

みどころ
●岡本太郎芸術の多面的活動を代表作品で紹介
これまで岡本太郎の芸術性を深く掘り下げる展覧会として、「太陽の塔」「明日の神話」などの作品に焦点をあてた展覧会や、「テレビ」「ことば」「あそび」などのテーマから岡本太郎芸術を紹介する展覧会、また、「建築」「パリ時代」「パブリックアート」など様々な表現・分野や、時代という視点で展覧会を開催してきました。
本展ではこれらの展覧会から代表作を展示することで、岡本太郎の多面的な活動の足跡をたどることができます。

 

●民族学、縄文土器への衝撃、そして現代へ
パリで民族学を学んだ岡本太郎は、芸術は民族の歴史や文化の延長線上にあると考えていました。本展では、縄文土器の再発見に端を発して国内外をフィールドワークしたその足跡を写真と資料で紹介します。
縄文土器、パプアニューギニア、韓国、沖縄、東北などの貴重な資料を展示し、岡本太郎が探る民族の姿とその文化について紹介します。


●岡本太郎と周辺の作家
岡本太郎が関りを持った作家、荒川修作、池田龍雄、北大路魯山人、北代省三、篠原有司男、横尾忠則等の作品を展示、その関わりの中から互いの芸術性を探ります。


開催概要

会期 2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)
開館時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日、10月14日を除く)、7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
観覧料 一般1,000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円、中学生以下は無料※( )内は20名以上の団体料金
主催 川崎市岡本太郎美術館
協力 岡本太郎記念館、東京国立近代美術館、川崎市市民ミュージアム、中村正義の美術館、昭和女子大学光葉博物館、井戸尻考古館、ワンダーアートプロダクション、
特定非営利活動法人熱帯森林保護団体、早稲田大学、廣村デザイン事務所、二子流東京鬼剣舞
助成 一般財団法人地域創造
協賛 岡本太郎美術館20周年事業支援実行委員会

―関連イベント―

甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔
日本工業大学の学生によるVRコンテンツを体験。1970年万国博当時の「太陽の塔」と内部の「生命の樹」をVRで体験します。

日時:8月3日(土)〜8月12日(月・振休)(8月5日(月)を除く) 11:00〜16:30
場所:企画展示室
料金:観覧料のみ

 

太郎deくんくんウォーク
岡本太郎美術館が位置する自然豊かな生田緑地。その生田緑地のにおいをつめた自分だけのくんくんボトルをつくります。ボトルができたら、太郎さんの作品や秘密のアイテムのにおいをかいでみましょう。

日時:9月15日(日) 10:30〜16:00(10:00受付)
場所:生田緑地・企画展示室・創作アトリエ
講師:井上尚子(現代美術作家)
対象:小学生以上
定員:25名
料金:150円(ボトル代) 高校生以上は別途要観覧料
申込:電話受付(8月28日(水)10:00から受付開始)、先着順

 

自分やーめた〜変身して美術館で写真を撮ろう!〜
日用品を使って仮装するワークショップです。

日時:9月22日(日) 13:00〜16:00
場所:ガイダンスホール、企画展示室内
講師:原倫太郎・原游(現代美術作家)
対象:どなたでも
料金:観覧料のみ

 

二子流東京鬼剣舞による《鬼剣舞》
岡本太郎は様々なまつりに関心を持っていました。そのうちのひとつ、岩手県の代表的な伝統芸能《鬼剣舞》の公演を開催いたします。

日時:10月6日(日) 14:00〜母の塔前広場 15:30〜企画展示室
演舞:二子流東京鬼剣舞
料金:無料(展示室での演舞は、観覧料が必要です。)

 

 TARO Award 第23回岡本太郎現代芸術賞  

時代を創造する者は誰か!
1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。
この本には、「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。
1996年、岡本太郎没、享年84歳。
その直後、岡本太郎記念現代芸術大賞 (2006年 岡本太郎現代芸術賞に改称) 、通称「TARO賞」が創設されました。
彼の遺志を継ぎ、まさに「時代を創造する者は誰か」を問うための賞。
今年は第23回をむかえます。
「時代を創造する者は誰か」―この半世紀前の太郎の真摯な問いかけを胸に刻んで、創作活動に邁進する方々の、幅広い応募を呼びかけたいと思います。
応募規定に沿う作品であれば、その形状、技法等はまったく自由。
美術のジャンル意識を超え、審査員を驚かす「ベラボーな」(太郎がよく使った言葉です)作品の応募を期待しています。

主催
公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団 ・ 川崎市岡本太郎美術館

応募方法
応募要項(PDF)はこちら
応募用紙(PDF)はこちら
応募用紙(Word)はこちら

※応募用紙をご希望の方は、岡本太郎記念館、川崎市岡本太郎美術館でもご用意しております。受付にお申し出下さい。

審査員
・ 椹木野衣:美術批評家/多摩美術大学教授
・ 平野暁臣:空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長
・ 北條秀衛:川崎市岡本太郎美術館館長
・ 山下裕二:美術史家/明治学院大学教授
・ 和多利浩一:ワタリウム美術館キュレーター
※上記掲載は、50音順です。

賞及び賞金
岡本太郎賞(1名)200万円
岡本敏子賞(1名)100万円
(上記受賞者2名には岡本太郎記念館で作品展示の機会が与えられます)
特別賞(若干名)総額50万円

主なスケジュール
■応募期間
2019年7月15日〜9月15日

■第一次審査発表
2019年11月上旬

■入選作品事前搬入
2020年1月下旬

■入選作品・展示設営
2020年1月25日、26日

■第二次審査
2020年1月下旬

■審査発表・授賞式
2020年2月13日
二次審査の結果は授賞式に発表します。入選者は授賞式に必ずご出席ください。

■第23回岡本太郎現代芸術賞展
会期:2020年2月14日〜4月12日

※上記日程は、都合により変更になることがあります。

お問い合わせ及び応募先
川崎市岡本太郎美術館 TARO賞係
〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5 tel: 044-900-9898
※メール・ファックスでのお問い合わせは受け付けておりません。


お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp
 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI