taro 川崎市岡本太郎美術館
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
企画展 「第21回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展  


  2018年2月16日(金)〜 4月15日(日)  
  時代を創造する者は誰か!
時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。
1954年、岡本太郎43歳のときに出版された『今日の芸術』。この本には「時代を創造する者は誰か」というサブタイトルがつけられていました。
1996年、岡本太郎没、享年84歳。
その直後、岡本太郎記念現代芸術大賞(2006年 岡本太郎現代芸術賞に改称)、通称「TARO賞」が創設されました。彼の遺志を継ぎ、まさに「時代を創造する者は誰か」を問うための賞。今年で21回目をむかえた本賞では、558点の応募があり、厳正な審査を行いました結果、26名(組)が入選をはたしました。
作品は、様々な機会をとらえて公表するとともに、川崎市岡本太郎美術館「第21回岡本太郎現代芸術賞」展にて公開いたします。21世紀における芸術の新しい可能性を探る、「ベラボーな」(太郎がよく使った言葉です)作品をご覧ください。
※第21回岡本太郎現代芸術賞受賞者が決定しました!
 
 

  ―開催概要―

  主 催 川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団
  会 期 2018年2月16日(金)〜 4月15日(日)
  休館日 月曜日、3月22日(木)、3月23日(金)
  開館時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
  観覧料 一般700(560)円、高校・大学生、65歳以上500(400)円、中学生以下は無料 
※( )内は20名以上の団体料金
常設展もあわせてご覧いただけます。
 
―関連イベント―

◆第21回TARO賞ギャラリートーク

第21回TARO賞入選作家によるギャラリートークを行います。

2月18日(日)13:00〜
市川ヂュン、塩見真由、ichiko Funai、ワタリドリ計画

3月4日(日)13:00〜
文田聖二、細沼凌史、冨安由真、室井悠輔、笹田晋平

3月18日(日)13:00〜

村上力、弓指寛治、矢成光生、木暮奈津子、藤本りか
4月1日(日)13:00〜
大野修平、黒木重雄、橋本悠希、さいあくななちゃん、近藤祐史

4月15日(日)13:00〜
与那覇俊、黒宮菜菜、横山信人、吉田芙希子、○△□(まるさんかくしかく)
※予告なく変更になる可能性がございます。ご了承ください。

◆「お気に入り作品を選ぼう!」


展示されているTARO賞入選作品の中から、来館者にお気に入り作品を投票していただきます。投票の結果は、ホームページその他で発表するとともに、上位の作家には記念品を進呈します。
日時:2月16日(金)〜3月25日(日)
料金:無料(観覧料が必要です)
場所:ギャラリースペース
結果発表:2018年3月28日(水)(予定)

◆お手紙プロジェクト


TARO賞の入選作家にお手紙を書いてみませんか?作家からお返事がくるかも?
日時:2月16日(金)〜4月15日(日)
場所:ギャラリースペース
 
お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp
 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI