taro 川崎市岡本太郎美術館
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
企画展 「岡本太郎とメディアアート 山口勝弘−受け継がれるもの」展  
特設サイト       プレスリリース

  2017年11月3日(金・祝)〜2018年1月28日(日)  
  アヴァンギャルドの一匹狼として、戦後日本の美術界にノンを突きつけた岡本太郎ですが、同時に分野を超えた新しい芸術の展開を求める活動の中では、そこに集う若い芸術家達に惜しみのない支援を欠かしませんでした。
その精神を受け継ぎ、時代に先駆け独自の表現を確立していったアーティストに山口勝弘がいます。インターメディアの先駆けとなる「実験工房」の時代からインタラクティブな関係をめざした「ビデオアート」や「環境芸術」など、アートとテクノロジー、そして社会との関わりを掘り下げ、新たな表現に挑んだ山口。山口が次世代を継ぐ多くのアーティストを世に送り出したことによって現代のメディアアートという分野が確立されたのです。
本展は、岡本太郎から山口勝弘、そして彼らの活動の先に開花したメディアアートを担う現代アーティスト10人の作品を紹介するものです。会場では山口が岡本に捧げたオマージュ作品をはじめとし、現代アーティストの作品が岡本太郎の展示空間でコラボレーションします。戦後日本の現代美術の原点から始まり、アートとテクノロジーの融合をめざした新しい芸術分野の成立に至るメディアアートの歴史的な連続性を概観していただければと思います。
 
 

  ―開催概要―

  主 催 川崎市岡本太郎美術館 、「岡本太郎とメディアアート」展実行委員会
  協 力 東京都現代美術館、東京都写真美術館、神奈川県立近代美術館、川崎市市民ミュージアム、一般財団法人草月会、横田茂ギャラリー、サンコロナ小田株式会社
  会 期 2017年11月3日(金・祝)〜2018年1月28日(日)
  休館日 月曜日(1月8日を除く)、11月24日、12月29〜1月3日、1月9日
  開館時間 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
  観覧料 一般900(720)円、高校・大学生・65歳以上700(560)円、中学生以下無料
( )は20名以上の団体料金
  展示作品 展示作品: 油彩、彫刻、VR、プロジェクションマッピング、レーザー光線によるインスタレーション、サウンドインスタレーション

主な作品    
岡本太郎《夜》 山口勝弘《黒い太陽−岡本太郎に捧ぐ−》 原田大三郎《TARO360°》
 

  ―関連イベント―

  こちらをクリック
 
 
お問い合わせ
川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032  川崎市多摩区枡形7-1-5
TEL:044-900-9898 FAX:044-900-9966 http://www.taromuseum.jp
 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI