taro 川崎市岡本太郎美術館
常設展示室 exhibition
スペース トピックス 展覧会 利用案内 教育プログラム 美術館概要 太郎入門 カフェ&ショップ スペース
企画展
常設展
イベント
過去の展覧会
 
1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年
2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
2017年                
 
  2013年展覧会  
     
第16回岡本太郎現代芸術賞 展
会期2013年2月9日〜4月7日
 
 
岡本太郎の精神を継承し、旧来の慣習や規範にとらわれず、自由な視点と発想で創作活動を行う作家の活動を支援し、優れた業績を顕彰する岡本太郎現代芸術大賞(TARO賞)。第16回をむかえる本展では739点の応募から選ばれた22点の作品が選出され、その中から太郎賞(1点)、敏子賞(1点)、特別賞(5点)が選ばれました。
 
     
「岡本太郎のシャーマニズム」展
会期2013年4月20日〜7月7日
 
 
岡本は、1950年代初めころよりシャーマニズムへの関心を示し始めます。川崎市岡本太郎美術館は岡本旧蔵書の欧文書籍を391冊所蔵していますが、その中でも、ルーマニア出身の宗教学者ミルチャ・エリアーデの著作『シャーマニズム−古代的エクスタシーの技法』(1951)が、岡本の興味をシャーマニズムへと向かわせた最も注目すべき書籍であると考えられます。 本展は、岡本が作品に込めた意図を解明する手がかりとして、岡本旧蔵のエリアーデの著作等に着目し、1940年代から晩年までの岡本作品の意図解明を行う試みで、絵画や彫刻作品の他、写真や貴重な映像など約130点をご紹介しました。
本展での上映映像リストはこちらよりダウンロードいただけます。 ⇒上映映像リスト(pdf:約92KB)

本展図録に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。ご購入の皆様にはご迷惑をおかけしますが、こちらより正誤表をダウンロードしてご利用ください。 ⇒図録正誤表(pdf:約52KB)
 
 
     
「Hibino on side off side 日比野克彦」展
会期2013年7月20日〜10月6日
 
 

本展は、岡本太郎のジャンルや枠を超えた力、多面性を継承しているアーティストの一人である日比野克彦の様々な活動・ジャンルでの代表作を紹介するだけでなく、川崎と海の関わりをテーマに公開制作を行い、この作品を中心として展示空間を構成、海・水際との関わりが深い「川崎」という都市の歴史を、縄文時代の土器や日比野の作品で表現の根源を問う実験的な展覧会で、初公開の幼少期作品から公開制作の最新作まで、約120点をご紹介しました。
会期中は、日比野克彦による東日本大震災復興支援活動「ハートマークビューイング」プロジェクトや「巨大TAROぬりえに挑戦!」など参加型イベントを毎日開催、また「岡本太郎現代芸術賞」の太郎賞を受賞した若いアーティストたちによるワークショップと作品の展示により、岡本太郎の精神を継承していく試みも行なわれました。

 
     
「かたちとシミュレーション
 北代省三の写真と実験」展

会期2013年10月19日〜2014年1月13日

 
 

本展は、1950年代の東京でインターメディアな活動をおこなった「実験工房」の中核となった作家・北代省三の多彩な活動の中から、彼の写真の仕事に焦点をあて、その全体像を俯瞰する試みで、「実験工房」や「グラフィック集団」から派生した写真、商業写真家としての側面、実験的な手法の追及、そしてピンホールや手造りカメラなど、多岐にわたる約400点の作品を展示、遊びと好奇心にあふれた北代省三の写真と実験の世界をご紹介いたしました。
会期中は、北代省三が撮影した貴重な8mmフィルム映像の上映や、本展の企画協力者である大日方欣一氏による作品を読み解く講演会、弦楽四重奏による「実験工房」に関連した楽曲を演奏するコンサートも開催されました。

 
  ページトップへ  
All right reserved TARO OKAMOTO MUSEUM of ART,KAWASAKI